第27回技術研究発表会
日   時: 2015年11月10日(火)13:15-17:30
場   所: 丸ビルコンファレンススクエア8階
テ ー マ: 地域再生の技術とマネジメント
 
[発表論文]
発表論文: 31編
 
A.(杵席検亡超・エネルギー
演 題 名 執 筆 者 梗 概 本 文
A1 リサイクル率98%を達成する「災害廃棄物処理スマート・リサイクル・システム」 清水建設(株)
大友信悦
梗 概 本 文
A2 江戸前・ウナギ保護再生デザイン 鹿島建設(株)
柵瀬信夫
梗 概 本 文
A3 あべのハルカスにおける厨房排水と厨芥からのエネルギー回収 (株)竹中工務店
加藤利崇
梗 概 本 文
A4 越谷レイクタウンの河川調節池を中心としたオープンスペース整備と管理運営について (独)都市再生機構
筈谷元彦、磯崎正慶
梗 概 本 文
A5 八重洲・京橋・日本橋地区におけるエネルギーネットワークの検討 都市地下空間活用研究会
大村敏、横塚雅実
梗 概 本 文
A6 大都市圏における BCP 対応自立分散エネルギー供給システム導入検討 早稲田大学
堀 英祐
梗 概 本 文
A7 大成建設「ZEB 実証棟」の計画と実施 〜都市型 ZEB を目指して〜 大成建設(株)
梶山隆史、田中拓也
梗 概 本 文
A8 環状第6号線の整備について 東京都
結城将司
梗 概 本 文
B.(杵席検望霾鵝λ漂辧Ω鯆
演 題 名 執 筆 者 梗 概 本 文
B1 慣性質量ダンパーを用いた同調型橋梁制震機構の開発 \郷綏設(株) ⊆鹽垤眤道路(株)
ゝ班雜二、林大輔、滝本和志、磯田和彦、丹博美 蔵治賢太郎、和田新、右高裕二
梗 概 本 文
B2 BRT導入とバス路線再編からなる新バスシステムの取り組み 新潟市
藤下真悟
梗 概 本 文
B3 遠州鉄道鉄道線連続立体交差事業について 浜松市
加藤貞仁
梗 概 本 文
B4 遅い交通とまちづくり〜都市改変事業の合意形成〜 松山市
石井朋紀
梗 概 本 文
B5 (都)東合川野伏間線街路事業の整備効果について 福岡県
坂田英之
梗 概 本 文
B6 歩行者属性の多様化を考慮した歩行者交通分析に関する研究 国土交通省国土技術政策総合研究所
吉田純土、藤岡啓太朗
梗 概 本 文
B7 大規模施設に発着する交通の経年変化分析と予測手法に関する考察 (一財)計量計画研究所
中野敦、福本大輔
梗 概 本 文
B8 最近の物流ニーズと物流施設立地の動向 (一財)計量計画研究所
萩野 保克、剣持 健
梗 概 本 文
C.(競廛蹈献Дト・技術報告)
演 題 名 執 筆 者 梗 概 本 文
C1 鋼・コンクリート複合アーチ橋の施工 −広島南道路 太田川大橋− 清水建設(株)
小林顕
梗 概 本 文
C2 公民連携による街づくり推進に資する土地区画整理事業の実施‐田町駅東口北地区‐ (独)都市再生機構
鐘江正剛
梗 概 本 文
C3 都市水害対策と一体となった街づくりについて (独)都市再生機構
曽根真理
梗 概 本 文
C4 東日本大震災からの復興に向けたUR都市機構の取組みについて (独)都市再生機構震災復興支援室
江村元行
梗 概 本 文
C5 ネパール大地震を受けたカトマンズ都市圏復興強靭化マスタープラン策定支援について 国土交通省国土技術政策総合研究所
新階寛恭
梗 概 本 文
C6 品川シーズンテラス計画について 。裡圍堙垰坡発(株)大成建設(株)
/瞭5之原田憲雄
梗 概 本 文
C7 あべのハルカスの安全・安心設計 (株)竹中工務店
平川恭章
梗 概 本 文
D.(杵席検肪楼荳得検Δ泙舛鼎り
演 題 名 執 筆 者 梗 概 本 文
D1 練馬駅北口区有地活用事業による官民合築型拠点整備について [馬区 日立キャピタル(株) F立キャピタルコミュニティ(株) ぢ臉建設(株)
<憩新一 角野博保 9 健 てE沈唇賚此後藤将人
梗 概 本 文
D2 持続可能なまちづくりを目指す八王子市都市づくりビジョンの策定 “王子市 (株)日建設計総合研究所
|耄は惰繊´竹村登
梗 概 本 文
D3 地方創生におけるサードプレイスの役割 三菱地所(株)
田口真司
梗 概 本 文
D4 国際通り線シンボルロード整備事業について 沖縄県
仲嶺 智
梗 概 本 文
D5 景観資源を活かした農山村地域の再生〜足助香嵐渓地区のまちづくり〜 豊田市
甲村尚義
梗 概 本 文
D6 神戸の都心の将来ビジョン及び三宮周辺地区再整備基本構想の策定 神戸市
秋田大介
梗 概 本 文
D7 団地自治による管理モデル構築に向けた基礎的検討-埼玉県内の公営住宅団地の事例- ,發里弔り大学 △發里弔り大学大学院 アジア開発銀行
ー蕾範損屐´¬畋質嫗澄∩畧鄒太、田尻要 0肪志日流
梗 概 本 文
D8 公園等における民設民営での賑わい施設整備 千葉市
河野俊郎
梗 概 本 文
表彰された論文発表者は以下の方々です。(敬称略)